野菜ジュースの飲みすぎには注意

野菜ジュースも摂りすぎには注意!過剰摂取には副作用あり

野菜ジュースは食品なので、健康への害は相当少ないことが考えられます。しかしどんなものでも過剰は厳禁なものでもちろん野菜ジュースも例外ではありません。

 

野菜ジュースを摂取しすぎる起こる副作用

 

お腹が緩くなる

野菜ジュースに含まれている豊富な食物繊維は便秘の解消にうってつけの栄養素ではありますが、過剰な摂取によって逆に腸を刺激しすぎてお腹が緩くなったり下痢を起こしてしまう可能性があります。

 

栄養不良になる

またもともとスリムな体系な方が飲みすぎると、食物繊維の糖質や資質の吸収を阻害する働きによって栄養不良を招く可能性があります。

 

過剰摂取するとビタミンAが蓄積されてしまう

また野菜のビタミンの中で水に溶ける水溶性ビタミンと水には溶けない脂溶性のビタミンがあります。その中でもビタミンAは体にとっても重要な栄養素でありますが、水に溶けないということは体外に排出されにくいものなので過剰摂取によって体内に蓄積しています危険性があります。

 

よくみかんを食べ過ぎたら手が赤くなったという話を耳にすることもありますが、野菜ジュースの過剰でもそのような症状がみられる場合があります。

 

かなりの量を飲まなければそのような事は起こりにくいのが現状ですが、やはり飲み方としては野菜不足を補う程度が良いでしょう。

 

血圧が上昇する

さらに野菜ジュースに果物や砂糖が含まれているものを過剰に摂取すると、糖尿病などの方は血糖値をグンと上昇させて血糖値のコントロールが悪化する恐れがあるので注意が必要です。さらに塩分が含まれているタイプの過剰摂取は、血圧上昇のおそれがありますので、血圧の管理が必要な方は避けましょう。

 

野菜ジュースの1日の摂取量は200ml~400mlが理想なので、飲みすぎないよう注意して、健康的な体を手に入れましょう!