野菜ジュースはこどもに飲ませても大丈夫?

野菜ジュースを子供にあたえる時の注意点

野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのは大変ですし、ジュースを飲ませるなら砂糖たっぷりのジュースよりは野菜ジュースが良いと考えるママさんもいますよね。野菜ジュースは食品なのでもちろん子供に飲ませてもOKです。ただし飲ませ方とタイミングを気を付けましょう。

 

野菜ジュースを飲むのはタイミングが大事

飲ませ方についてはやはり水のように水分補給で飲ませるのではなく、今日は野菜全然食べてくれなかったぁという日や外食で野菜が不足したなという時に使用しましょう。

 

野菜ジュースだからと言って過剰に飲ませてしまうと、脂溶性のビタミンなどは小さい子供の場合特に体に蓄積しやすいので手や顔、目などが黄色くなる黄疸が大人よりも出やすいのが特徴です。

 

野菜ジュースの量にも気をつける

また子供に飲みやすい野菜ジュースでは果汁や砂糖も添加しているものもあります。

 

それらは普通のジュース同様に考えたくさん飲ませてしまうのと虫歯などの原因にもなりますので、適量にしてしっかり飲んだ後は歯磨きをしましょう。

 

また食事の前にゴクゴク全部飲ませてしまうと、肝心の食事のときにはもうお腹いっぱい…となってしまう可能性がありますので食事の合間や間食に飲ませるようにしましょう。また過剰症なども考えると1日子供コップに1杯~飲んでも2杯までにとどめるのが安心です。

 

蜂蜜入りの野菜ジュースは避けよう!

さらに野菜ジュースの中ではハチミツ入りのものもあります。1歳未満の子へのハチミツは乳児ボツリヌス菌の心配もありますので野菜ジュースを購入する際はラベルをしっかりと確認して、1歳未満の子供にはハチミツが入っていないものを与えましょう。