作りの野菜ジュースと市販の野菜ジュースのメリット・デメリット

野菜ジュースの手作り・市販【メリット:デメリット】

ミキサーやブレンダーさえあれば野菜ジュースは簡単に自宅でもできますよね。もちろん市販の野菜ジュースも手軽に使用できる点では良いのですが、手作り野菜ジュースには色んなメリットもあるのです。

 

市販の野菜ジュースには栄養素と酵素が少ない

市販の野菜ジュースは商品を流通させるにあたって厳重な衛生管理が求められるため、加熱殺菌しているものがほとんどです。

 

野菜のビタミンの中でもビタミンCなどは熱に大変弱いとされているものなので、加熱殺菌時に半数は死滅してしまいます。

 

また生の野菜に含まれる酵素も熱によって失活してしまいます。人の体の中にも酵素というものは存在し、食べ物を消化する消化酵素と体の代謝に関わる代謝酵素があります。

 

日常のストレスや加齢によって体の酵素は減っていきがちで、そうなると消化不良を起こしたり疲れやすくなったり、ヤセにくい体質になってしまいます。

 

 

手作りの野菜ジュースは栄養素・酵素共に補う事ができる

その点自宅だと作ってすぐに飲むので余計に加熱しなくて済むので、そんな体に不足しがちな酵素も補うことができますので、健康にとってもダイエットにとっても嬉しいですよね。

 

さらに市販のジュースも食物繊維は含まれてますが、飲み口をサラサラにするためにある程度取り除いている場合もあります。

 

そうなるとせっかく食物繊維を補う意味で野菜ジュースを飲んでも実際はそれほど摂取出来ていないことになってしまいます。

 

手作りは摂取できる野菜を選べる事も魅力

でも自宅だと濾さずにそのままゴクゴクと飲めてしまうので、野菜の栄養素を余すところなくいただけるのです。

 

また野菜も自分の好きに組み合わせることができますし、余計な添加物も加えなくて済むので余裕のある時はぜひ手作り野菜ジュースにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?